マーケティングを業務委託に任せるメリットは?エージェントの正しい選び方まで解説

マーケティング人材の需要が拡大しています。マーケティングの業務は細分化しやすいことから、業務委託に任せやすい職種といえます。本稿では、マーケティング業務を委託するメリットやデメリット、エージェントの正しい選び方まで解説します。

目次
企業がマーケティング業務を委託するケースが多くなっている背景
マーケティング業務をフリーランス人材に業務委託する例
業務をマーケター人材にアウトソースする方法
マーケター人材はエージェントに紹介してもらうのが効率的
マーケター人材の採用に役立つエージェント3選
まとめ

企業がマーケティング業務を委託するケースが多くなっている背景

2020年は新型コロナウィルスの発生により従来の働き方が大きく変わった年です。多くの企業がリモートワークを取り入れるようになりました。
働き手も自宅など職場から離れた場所で働くようになり、対面での打ち合わせや出社してオフィスで働く機会が減りました。

マーケティング業務はもともと業務を委託しやすい職種です。マーケティングは「企業がお客様に使って欲しいサービスや商品を、欲しいと思っているお客様のもとへ届けられるように考える仕事」を意味し、企業の商品やサービスの売り上げ向上を目的としています。

現在のマーケティング業界はSNSなどのソーシャルメディアを使った戦略方法が多く、時代の流れに沿ったマーケティング活動をしています。

このように、マーケティングはSNSなどソーシャルメディアなどインターネットツールを使用しているため、リモートワークがしやすい業界です。そのため、コロナをきっかけにリモートワークをする企業がコロナ以前よりも増え続けています。また、特にマーケティング業務をフリーランス人材に委託する例が増えています。


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

クラウドワークスとランサーズの評判は?メリット・デメリットや口コミを紹介
「クラウドワークスとランサーズは日本最大級のクラウドソーシングサービスです。実績のあるマーケターも多数在籍しているため、法人企業がマーケティング業務を依頼・発注する用途にも適しています。本稿では、クラウドワークスやランサーズのメリット・デメリットや評判について解説します。」

マーケティング業務をフリーランス人材に業務委託する例

マーケティングを業務委託できる分野としては、以下のような例が挙げられます。

・データドリブンマーケティング
・CRMマーケティング
・検索エンジン最適化( SEO)
・コンテンツマーケティング
・ソーシャルメディアマーケティング
・PPC(クリック課金)
・アフィリエイトマーケティング
・ネイティブ広告
・マーケティングオートメーション
・メールマーケティング
・オンラインPR

フリーランスマネジメントシステム(FMS)とは?概要、特徴、メリットなどについて解説
「フリーランス人材を採用する上で出てくる評価や報酬、バックオフィス業務などのプロセスを担うフリーランスマネジメントシステムが注目を集めています。本稿では、フリーランスマネジメントシステムの概要、特徴、メリットなどについて解説します。」

業務をマーケター人材にアウトソースする方法

企業が業務をマーケター人材にアウトソースする方法として、以下の3つが挙げられます。

1.クラウドソーシングでマーケター人材を募集する

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用して、マーケター人材を募集することができます。マーケティング業務をリモートワークで働く人材にアウトソースする方法として、有効活用できます。

2.求人サイトでマーケター人材を募集する

求人ボックスやindeedでマーケター人材を募集します。時間を要する方法ではありますが、コストをかけずに採用したい際に有効活用できます。

3.エージェントを利用する

最近ではフリーランスマーケター向けのエージェントが活躍していますので、エージェントに人材の紹介を依頼する方法もあります。質の高い即戦力人材を採用したい際に、有効活用できる方法です。

マーケター人材はエージェントに紹介してもらうのが効率的

本稿では、マーケター人材の採用法として、クラウドソーシングや求人サイト、エージェントの利用を上げました。中でも、1番効果的な方法はエージェントに紹介してもらうことです。

エージェントに依頼することで希望通りのマーケター人材を採用することができます。採用を開始する際には、自社が採用したい人材の詳細を依頼することで、エージェントから、希望に沿う人材を紹介してもらうことができます。

しかし、エージェントと一言にいっても、様々なエージェントがあります。フルコミットを主とした求人を取り扱っているエージェントもあれば、副業を主とした求人を取り扱っているエージェントもあれば、リモートワークを主とした求人を取り扱っているエージェントもあれば、デジタルマーケティングを主とした求人を取り扱っているエージェントもあります。
自社の要望に合った求人を取り扱っているエージェントに依頼することがポイントです。

CARRY ME(キャリーミー)の評判は?メリット・デメリットや口コミを紹介【フリーランス向け】
「CARRY MEはプロ人材の採用に特化したエージェントです。CARRY MEの評判やメリット・デメリットや口コミについて解説します。フリーランスのマーケターの方で、マーケティング案件を紹介してもらえるエージェントをお探しの方は、ぜひご覧ください。」

マーケター人材の採用に役立つエージェント3選

① クラウドテック
クラウドテックは350万人を超す人材DBから最適な人材を提案してもらえます。ミドル~シニアクラスの「即戦力」メンバーが多数在籍しており、最短3日で即戦力のマーケター人材を採用することができます。

Reworker
Reworkerはリモートワーク可能な会社かつオンライン選考の企業だけを紹介している転職エージェントサービスです。正社員、フリーランス、複業など様々な働き方を支援しています。マーケターだけでなく、エンジニア・デザイナー・事務系など豊富な職種の登録者が在籍しています。優秀な人材のみを厳選して紹介してもらえるという特徴があります。

シューマツワーカー
シューマツワーカーは、転職市場に出てこないプロフェッショナルな副業社員と企業をマッチングするサービスです。週10時間から依頼ができるため、低予算でリソースを確保することができ、副業社員の管理はコンシェルジュに任せることができます。

以上、マーケター人材の採用に役立つエージェントを3社ほど紹介しましたが、当社(株式会社ブレーンスタイル)もデジタルマーケティングに特化して、ハイスキルなワーカーをプロデュースしています。

まとめ

デジタル化が進む中で、ますますマーケティング業務の需要は拡大しています。マーケティング業務はもともと業務委託しやすい職種のため、企業の導入事例も増加傾向にあります。優れたマーケター人材はエージェントに紹介してもらう方法が効率的です。本稿で紹介した採用法をもとに、マーケター人材の採用を進めてください。

ハイスキルな副業マーケターを採用する方法について解説
「マーケティング領域において、年々、企業における副業人材の採用が増えています。本稿では、ハイスキルな副業マーケターを採用するメリットや方法について解説します。」


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

お薦めの記事