ハイスキルな副業マーケターを採用する方法について解説

ハイスキルな副業マーケターを採用する方法について解説

現在、新型コロナウイルスの感染拡大によって、ビジネスの世界にも大きな影響が出ています。混沌とした状況の中で、雇用が不安定になり、副業に注目が集まりつつあります。本稿では、企業がハイスキルな副業マーケターを採用するメリットについてご紹介します。

なぜいま副業人材の採用が注目を集めているのか?

現代における日本の労働市場は、少子高齢化にともない、人手不足に陥っています。企業における人手不足を解決する方法の一つとして、注目を集めているのが副業です。大手企業では、副業人材を採用したり、社員の副業を認めるケースが増えています。昨今の働き方改革に加え、コロナウィルスの拡大によって、副業は広まりつつあります。

企業側にとっては、副業人材を採用することにより、正社員としては採用できないような優秀な人材が獲得することができます。
また、自社において、副業を認めることで、従業員の自立を促したり、新しいスキルを身に付けるのを促すことにつながります。
企業側にとっても、副業人材の採用や、副業を認めることにメリットはあるのです。

しかし、世間的にはまだまだ企業における副業人材の採用や副業の認可は定着していません。副業人材を採用することで、企業の機密情報が漏れてしまうことを懸念したり、副業を認めることで、外部に優秀な人材が流出することを懸念しているためです。

一方で、業務によっては、副業人材の採用が進んでいます。マーケティング業務もその一つです。

副業人材の採用が進むマーケティング業務

マーケティング業務はデジタル化が進んでおり、社内におけるコミュニケーションもSlackやChatworkをはじめとしたビジネスチャットを利用することが多いため、業務がオンラインで完結することが大抵です。オンラインで業務が完結するということは、働き手もリモートワークが可能ということになります。オンラインで完結可能な業務を発注することができるので、日中は正社員として活動している人材に業務を依頼することができるのです。副業の多くは、仕事終わりの夜の時間や休日における稼働になります。

上記のように、マーケティング業務はリモートワークがしやすいので、副業人材の採用が進んでおり、本業以外に副業として働く人が多いです。

企業が副業のマーケター人材を採用するメリット

1.優秀なマーケター人材を集めやすいです。企業間では優秀な人材を採用できるように、他の企業に勤める優秀な正社員を副業人材として採用することが多いです。柔軟な働き方や働く側のメリットをしっかりと提供すると優秀な人材がすぐに集まるので、企業にとってメリットが大きいです。

2.副業のマーケター人材を採用するということは、その企業自体が副業に理解がある企業ということです。副業に理解のある企業は、マーケターにとっても、副業先を選ぶ際の基準の1つになるため、優秀な人材が集まりやすくなります。

3.ハイスキルな副業のマーケター人材を採用することで、今まで思いもしなかったアイデアが生まれてくることがあります。普段とは異なる切り口からアイデアが生まれると、思いもよらなかったイノベーション創出が期待できます。

マーケターが副業するメリット

マーケターが副業するメリットは次のとおりです。

1.収入が増える
マーケティングの副業案件には、時給5,000円を超える高単価な案件もあります。正社員として正社員として企業に勤めながら、他の企業の案件を副業することで、収入を上げることができます。正社員として給与を上げるには時間がかかりますが、副業をすることで、短期間で収入を挙げやすくなります。

2.転職に有利になる
副業でマーケティングの案件をたくさんこなすことで、人脈づくりにつながります。業界における人脈づくりをおこなうことで、転職に有利になります。

3.経験値とスキルが上がる
正社員として働いている企業では経験できない案件が副業することで可能になります。今まで経験したことのない案件に参画することで、経験値とスキルを高めることができます。

副業で依頼できるマーケティング業務の例

①Webマーケティング・ネット広告運用
Webマーケティング・ネット広告運用の業務は、リモートが可能であり、業務量によって、稼働の日数をコントロールしやすいため、副業のマーケター人材に依頼しやすい業務の一つです。ハイスキルなマーケター人材に依頼することで、広告代理店に依頼するよりも、安価に成果につながる広告運用を実践してもらうことが可能になります。

②コンテンツマーケティング・オウンドメディア運用
コンテンツマーケティング・オウンドメディア運用の業務も、広告運用同様にリモートが可能であり、業務量によって、稼働をコントロールしやすいため、副業のマーケター人材に依頼しやすい業務の一つです。ハイスキルなマーケター人材に依頼することで、制作会社に外注するよりも、安価に問い合わせや購入に結び付けるコンテンツマーケティング・オウンドメディア運用を実践してもらうことが可能になります。

企業が副業人材を採用する方法

企業が副業人材を採用する方法は、クラウドソーシングやエージェントの活用です。

クラウドソーシングではクラウドワークスとランサーズが人気です。フリーランスとして働く人が多く、事業ごとに検索して副業人材を探せます。また、一人ひとりの評価が載っているので、今までにどのような案件を受託していたのか、どんな評価がされているのかを確認することができます。

エージェントはクラウドソーシングよりもハイスキルなマーケター人材を採用しやすい方法です。エージェントが企業のニーズに合った人材を見極めて紹介するため、質の高い業務を期待することができます。

まとめ

少子高齢化による人材不足、働き方改革、新型コロナウイルスの感染拡大により、副業が注目されています。企業における副業人材の採用は、今後、ますます重要となってくることが予測されるでしょう。本稿で紹介したハイスキルなマーケター人材の採用法を元に、貴社の体制構築を進めてください。

お薦めの記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です