CMO(最高マーケティング責任者)とは?役割・年収・業務委託で採用する方法まで解説

CMO(最高マーケティング責任者)という役職は、マーケティング部門を統括する上席役員のことを指します。最近では、日本の企業でもCMO(最高マーケティング責任者)のポジションが設けられることが多くなりました。

CMO(最高マーケティング責任者)は、マーケティング部門やマーケティング活動の責任者としての活動のみではなく、会社の経営も統括する活動も行うことになります。

しかし、CMO(最高マーケティング責任者)の役割や年収など明らかでないことが多いです。

そこで、本稿ではCMO(最高マーケティング責任者)の役割や年収、またCMOに適した人材を外部から探す方法についても紹介します。

目次
CMOとは?
CMOの役割
CMOの年収
業務委託でCMO採用する方法
まとめ

CMOとは?

CMO(最高マーケティング責任者)とは、マーケティング全体を統括する責任者として任用されることが多いです。一般的に、CMO(最高マーケティング責任者)はマーケティング部の部長よりも上位の取締役・執行役員級の経営レイヤーとして設置される場合が多いです。

そのため、CMO(最高マーケティング責任者)はマーケティングのみではなく、CEOや他の上級役員と協調し、その企業の経営戦略とマーケティング戦略・ブランド戦略が中長期に渡り一貫性を持って推進されるよう指揮する必要もあります。

また、CMO(最高マーケティング責任者)は、マーケティングに関わる全てを統括することが多いので、PR・ブランド・広告・R&D・CSなど複数の部門で行われる活動や企画の連携を行い、顧客向けのコミュニケーションに齟齬がないように計らうことも業務内容です。

もちろん、CMO(最高マーケティング責任者)にはマーケティング関する知識が必要なだけではなく、マーケティング分野なら誰にも負けないくらいの知識と経験を兼ね備えている必要もあります。

CMO(最高マーケティング責任者)はマーケティングの知識・経験が豊富なスペシャリストの側面だけではなく、会社運営の知識・経験も豊富なスペシャリストである必要がある難しいポジションです。


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

Facebook広告は効果はない?費用対効果を最大化する方法を解説
「Facebook広告を配信してみたけれども効果がないとあきらめていませんか。Facebook広告は、運用方法をしっかり理解したうえで適切に活用すれば高い費用対効果が望めます。本稿ではFacebook広告の運用に成功するためのポイントを紹介します。」

CMOの役割

CMO(最高マーケティング責任者)の役割は、マーケティング戦略の立案を行い、そのマーケティング戦略をもとにCEOや他の上級役員と経営戦略に関する整合性を行いながら、経営資源を使って企業の製品・サービスが最も効率よく売れると思われる仕組みの構築を主導し、実際に遂行することです。

具体的に、CMO(最高マーケティング責任者)が行う役割は以下のフローに分けて説明することができます。

1.環境分析

環境分析では、自社の商品やサービスを取り囲む環境や競合他社の状況を分析するだけではなく、世の中の流行などをリサーチして今の時期に適切なマーケティング戦略を生み出すことができるような下準備をするのがメインです。

環境分析の作業は、今までのマーケティングの経験などが大きく影響する部分でもあります。そのため、効果のあるマーケティング計画を立てるためにも、実績や経験のある人物が環境分析を行うのがいいでしょう。

2.マーケティング課題の特定

マーケティング課題の特定では、自社商品・サービスのマーケティング状況をもとに、課題となるポイントを洗い出す作業になります。

マーケティングでは、その時ごとに流行りがあり、その時期ごとに適切なマーケティングを行うことが重要です。そのため、マーケティング課題の特定を行うことはとても重要なだけではなく、今後のマーケティング戦略を左右する重要なポイントとも言えます。

また、マーケティングにおける課題を明確にすることで、効果的なマーケティング手法を確立する手助けにもなるので、慎重に洗い出しをするとともに取りこぼしがないようにメーケティング課題の特定をすることも重要です。

3.STP (セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)

STP (セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)では、具体的にどの年齢の人に、どのようなマーケティングを行うかを策定する作業を行います。

また、この作業では適切なターゲティングを行うだけではなく、データを駆使して根拠のあるSTP (セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)を行うことが大切です。

4.マーケティングチャネル設計

マーケティングチャネル設計では、流通チャネル(商品が手に届くまでの手段)、販売チャネル(販売方法)、コミュニケーションチャネル(宣伝方法)の3つを軸に考えていく必要があります。

マーケティングチャネルを適切に設計することで、商品の販売から実際に消費者の手に届くまでのフローを最適化させることが可能です。

5.実行計画への落とし込み

CMO(最高マーケティング責任者)は、最終的に環境分析〜マーケティングチャネル設計までのステップで建てた計画をもとに、実際にどのような流れで実行をしていくのかを実行計画に落とし込むことも仕事の一つです。

フリーランス人材を業務委託で活用するには?マーケティング人材を確保するための方法まで解説
「売上に直結するマーケティング人材の確保は、企業の営業活動にはもはや欠かせなくなっています。そのためフリーランス人材を業務委託する企業が増えてきました。本稿ではフリーランスを業務委託で活用するメリットや、優秀な人材を確保する方法を解説します。」

CMOの年収

CMO(最高マーケティング責任者)の年収は、800万〜1,500万円程度のレンジが多くなっています。

一般的なマーケターの年収が500万〜600万円であることを考慮するとCMO(最高マーケティング責任者)の年収は高額だと言えます。

また、CMO(最高マーケティング責任者)の場合は、2000万円以上の年収を狙うことも可能です。しかし、年収2000万円以上のCMO(最高マーケティング責任者)は、マーケティングに関する広範な知識とマネジメント能力、経営能力が求められます。

業務委託でCMO採用する方法

CMO(最高マーケティング責任者)は、マーケティング担当の役員としてマーケティングの知識のみではなく、役員として会社経営全体を見た上で適切な判断をすることが求められています。

しかし、このような人材を確保するのは難しいのが現状です。

そこで、多くの会社がCMO(最高マーケティング責任者)の採用手段として利用しているのが、ヘッドハンティングやエージェントを利用しています。

ヘッドハンティングやエージェントを利用してCMO(最高マーケティング責任者)に適した人物を探すことで、より効率的に実績のある人物を探すことが可能です。

一方で、マーケティング知識があり会社経営全体を見て適切な指示を出すことができる人材は、希少価値が高く採用のハードルが高いのも事実です。

そのため、CMO(最高マーケティング責任者)を外部からヘッドハンティングやエージェントを利用して探す際には、適切な人材を見つけることができない可能性があることも意識しておきましましょう。

また、最近ではヘッドハンティングやエージェントの利用ではなく、業務委託の形式で足りない部分の知識・経験だけ補うことも多いです。

例えば、マーケティングの中でもデジタルマーケティングに関する知識や経験が豊富な人材が社内にいない場合は、外部から業務委託の形式でデジタルマーケティングの知識・経験が豊富な人材を補うなどの部分的なものが一般的です。

業務委託の場合は、比較的人材が探しやすいのとコスト面でもヘッドハンティングやエージェントの利用に比べて安く済むので推奨されています。

マーケティング人材を採用するには?企業のマーケティング力を強化するための採用方法を解説
「デジタル化が急速に進む現代では、デジタルマーケティング分野に長けた人材の採用は戦略として急務です。しかしデジタルマーケターは世界的にも不足していて、人材確保は非常に困難と言われています。本稿ではマーケティング人材を採用し、デジタルシフトに対応する方策を紹介します。

まとめ

CMO(最高マーケティング責任者)は、マーケティングのみではなく会社全体の経営戦略をもとにした意見などを行う必要もあり、広範囲にわたる業務を行うことが求められています。そのため、CMO(最高マーケティング責任者)に必要なスキルを言語化して、説明することは難しいです。

また、CMO(最高マーケティング責任者)を担うことができる人材を外部から招聘するのは、CMO(最高マーケティング責任者)の需要の高まりなどの影響で難しいです。そのため、CMO(最高マーケティング責任者)を外部から招聘するのではなく、マーケティングの分野で足りない部分の知識・経験を持つ人材や今後の経営戦略を実行する上で、自社に不足しているスキルを持っている人材を外部から登用する方法も検討すると良いでしょう。


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

お薦めの記事