業務委託で採用できるマーケティングの業務や職種を紹介。ハイスキルなデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイントまで解説

自社の商品やサービスの認知度を高め、多くの見込み顧客を購買行動に転換するためには、卓越したマーケティング施策を行う必要があります。デジタル化が急速に進む昨今、企業のマーケティング施策として必要とされるデジタルマーケターの需要は拡大しています。

その一方で、優秀なデジタルマーケターは少ないため、企業のリソース不足の課題は切実なものとなっています。また、デジタルマーケターの業務は多様化と専門化が進んでおり、採用時に「どのようなスキルを持つマーケターを自社が求めているのか」が不明確になっているため、採用活動が上手く進まないケースもあります。

本稿ではデジタルマーケターの獲得に課題を持つ企業の担当者様に向け、企業におけるデジタルマーケターの需要が拡大している背景から業務委託で採用できるマーケティングの業務や職種を紹介します。また、業務委託のデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイントまで解説します。

目次
企業におけるデジタルマーケターの需要が拡大している背景
需要が拡大している一方で、企業におけるデジタルマーケター育成の環境整備は進んでいない
ハイスキルなデジタルマーケターは業務委託で採用するのが効率的
業務委託で依頼できるマーケティングの業務を紹介
業務委託で採用できるマーケティングの職種を紹介
企業がハイスキルなデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイント
まとめ

企業におけるデジタルマーケターの需要が拡大している背景

デジタルマーケターの需要が拡大している背景には様々な要因が考えられますが、代表的な要因として、「デジタル化が急速に進み、デジタルマーケティングの市場が拡大している」ことが挙げられます。

IDC Japanの「国内デジタルマーケティング関連サービス市場予測」によると、国内のデジタルマーケティング関連サービス市場は、2019年から2024年にかけて年間平均成長率4.8%で成長を続け、2024年には5,299億円に成長する見込みとあります。

例えば、流通の分野ではECやリアル店舗と連動したキャンペーンの取り組みが進み、製造の分野では、MAツール導入によるインサイドセールスの強化の取り組みが進み、金融の分野では、顧客エクスペリエンスの強化を図る取り組みが進んでいます。

参考:国内デジタルマーケティング関連サービス市場は2024年に5299億円へ
https://news.mynavi.jp/article/20200807-1203533/

上記の様に、企業におけるデジタルマーケティングの需要が拡大しているため、それに伴い、デジタルマーケターの需要も拡大しているのです。


業務委託のマーケターをお探しなら
デジタルマーケティングに関する課題をお持ちの企業様に、最適なマーケターをプロデュースします。

需要が拡大している一方で、企業におけるデジタルマーケター育成の環境整備は進んでいない

デジタルマーケターの需要が拡大している一方で、企業では様々な事情から人材の育成に対して課題を抱えていることも少なくありません。

「@DIMEアットダイム」の調査結果によると、マーケター人材不足の要因には「マーケターを育てる人材が不足している」ことと「スキルセットの明文化と人事評価に課題がある」ことと考えられます。

「マーケターの教育を担える人材が足りているか」について90%以上が不足していると回答しており、研修体制についても70%以上が「整っていない」という回答が見られました。人材育成の方法としては、OJT、社内講義、講師を呼んで講義してもらうなど様々挙げられますが、いずれの方法も整備が進んでいないことが分かります。

一方で、「人材要件の明文化」や「各社員のスキルの可視化」が進んでいないため、誰にどのスキルを身に付けてもらえば良いのかを判断できず、デジタルマーケターの育成が上手くいかないといった課題も挙げられるようです。

参考:企業の約半数がマーケッターの人材不足を実感、その背景にある2つの問題
https://dime.jp/genre/945786/

ハイスキルなデジタルマーケターは業務委託で採用するのが効率的

上述したとおり、人材育成の環境整備に課題を抱えている企業は少なくありません。急に専門性の高い業務が必要となった場合、正社員を教育するのに時間も費用も要します。

この場合、業務をハイスキルなデジタルマーケター人材に委託することを推奨します。元々ノウハウを保有している人材に業務を委託すれば、すぐに施策に取り組んでもらうことが可能なためです。

また一過性の仕事で、新たに人材を採用するほどでもなければ、同じく業務委託をした方がコストも掛かりません。採用コストやその後のランニングコストも抑えられます。デジタルマーケティングの業務は、リモートでもできる内容が多いため、わざわざ出社してもらう必要もありません。これも業務委託で採用を推奨する理由です。

業務委託で依頼できるマーケティングの業務を紹介

デジタルマーケティングにはBtoBマーケティングとBtoCマーケティングがあります。いずれも業務委託は可能です。具体的には下記が例として挙げられます。

・市場調査・分析
・マーケティング施策の立案
・マーケティング施策の運用代行
・マーケティング施策のディレクション
・商品・サービス企画の立案
・メディアへの出稿業務
・営業代行

デジタルマーケティングとは?概要・手法・デジタルマーケターの役割まで解説
「デジタルマーケティングが普及し、企業におけるデジタルマーケターの需要も増えています。しかし具体的にデジタルマーケティングとは何かを説明するのは簡単ではありません。本記事では、デジタルマーケティングの概要、デジタルマーケターの役割や採用時の注意点について解説します。」

業務委託で採用できるマーケティングの職種を紹介

デジタルマーケティングの職種は多岐に渡り、日々、専門化及び細分化が進んでいるのが現状ではありますが、一例として業務委託で採用できるマーケティングの職種を以下にて紹介します。

・オールラウンドデジタルマーケター
・PRスペシャリスト
・デジタル広告運用スペシャリスト
・データ解析スペシャリスト
・SEOスペシャリスト
・コンテンツマーケティングスペシャリスト
・ソーシャルメディアスペシャリスト
・マーケティングオートメーションスペシャリスト

リスティング広告運用の成功の鍵は?広告運用の体制を構築するポイントまで解説
「リスティング広告運用の基礎から、広告運用の成功に不可欠な体制構築のポイントまで解説します。」

企業がハイスキルなデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイント

ポイントを2つご紹介します。

1.求めるデジタルマーケターの人材像を明確化・明文化する
2.デジタルマーケティングに精通したエージェントに人材を紹介してもらう

1.求めるデジタルマーケターの人材像を明確化・明文化する​

採用を開始する際には、求める人材像を明確化・明文化することが重要です。例えば、SEO対策の業務を依頼したいのか、リスティング広告の業務を依頼したいのかで、求める人材像は大きく異なってきます。

まず企業のマーケティング施策の現状と将来のマーケティング施策の展望に関して、経営者と人事との間で、更に社内全体において統一化しておきましょう。

人材像を明確化・明文化したら、採用を告知できるよう文書に落とし込み、初めて自社を知る人が読んでも「これが自社の求めるデジタルマーケターの人材像である」と分かるようにしておくことが重要です。

2.デジタルマーケティングに精通したエージェントに業務委託のデジタルマーケターを紹介してもらう​

本稿では企業におけるデジタルマーケターの需要が拡大している背景から業務委託で採用できるマーケティングの業務や職種を紹介しました。また、業務委託のデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイントまで解説しました。

売れる組織を構築するポイントは「求めるデジタルマーケターの人材像を明確化・明文化する」、「デジタルマーケティングに精通したエージェントに業務委託のデジタルマーケターを紹介してもらう」の2つです。

段落タイトル

本稿では企業におけるデジタルマーケターの需要が拡大している背景から業務委託で採用できるマーケティングの業務や職種を紹介しました。また、業務委託のデジタルマーケターを採用し、売れる組織を構築するポイントまで解説しました。

売れる組織を構築するポイントは「求めるデジタルマーケターの人材像を明確化・明文化する」、「デジタルマーケティングに精通したエージェントに業務委託のデジタルマーケターを紹介してもらう」の2つです。


業務委託のマーケターをお探しなら
デジタルマーケティングに関する課題をお持ちの企業様に、最適なマーケターをプロデュースします。

お薦めの記事