デジタルマーケティングで副業・複業するには?案件の種類や報酬体系について解説

働き方改革によって、副業(複業)を認める企業が近年急増しています。特に、Web関連の企業の場合、副業を認めていることが多いです。また、最近は副業として受注することができる案件も多く、そのなかでもデジタルマーケティング関連の副業案件は急増しています。

そこで、本稿では副業をしたいと思っているマーケターの方に向けて、デジタルマーケティングの副業の案件の種類や報酬体系について紹介していきます。

目次
デジタルマーケティングの副業案件について
デジタルマーケティングの副業案件を受注する流れ
デジタルマーケティングの副業案件の種類や報酬体系
まとめ

デジタルマーケティングの副業案件について

デジタルマーケティングは、Webの発展によって重要性が増してきています。そのため、企業もデジタルマーケティングに力を入れる傾向にあり、採用が追い付かず需要も急増しています。このような傾向から、将来性がとても高い分野とも言われることも多いです。

また、デジタルマーケティングの場合は業務遂行のスキルを重視する傾向にあります。そのため、スキルがある人材なら個人(フリーランス)でも稼ぐことができる分野です。

実際に、デジタルマーケティングを専門にしているフリーランスの中には月収100万以上稼ぐ人もいます。

また、ブログの運営やアフィリエイト・SNS分野でのデジタルマーケティングの場合は、本業の間の空いた時間でも行うことが可能です。

最近では、自宅からのリモートワークの形式で稼働できるデジタルマーケティングの案件も多くなっています。

このような案件を受注することで、平日の夜や週末の空いている時間に稼働をするだけで、月に10万円程度の副収入を得ることも可能です。もちろん、週3日稼働することが条件の案件を受託することで、60万円程度の副収入を得ることも可能です。
(※上記記載の報酬は例です。案件やマーケターのスキルにより、報酬は大きく変動します。)

デジタルマーケティングの副業案件は、自分の空いている時間や目指したい収入を元に豊富な案件の中から、自分のスキルに合う案件を選ぶことができるのが特徴です。


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

CMO(最高マーケティング責任者)とは?役割・年収・業務委託で採用する方法まで解説
CMO(最高マーケティング責任者)というポジションは業務内容や年収の面で不明なことが多いのではないでしょうか?本稿ではCMOに興味のある経営者や人事担当の方に向けて、CMO(最高マーケティング責任者)の役割や年収、探し方を紹介します。

デジタルマーケティングの副業案件を受注する流れ

デジタルマーケティングの副業案件は、豊富でも受注するのが難しいと思っているマーケターの人も多いと思います。

そこで、以下ではデジタルマーケティングの副業案件の受注の流れについて紹介します。

スキルを身につける

デジタルマーケティングの副業案件を受注したい場合は、関連するスキルを身につけておく必要があります。

副業案件の場合は、ポテンシャルではなくスキルや実績を見ての採用が主です。そのため、スキルのない人は、デジタルマーケティングの副業案件に応募しても採用される可能性は低くなります。

デジタルマーケティングで必要なスキルには以下のものがあります。

・データドリブンマーケティング
・CRMマーケティング
・検索エンジン最適化( SEO)
・コンテンツマーケティング
・ソーシャルメディアマーケティング
・PPC(クリック課金)
・アフィリエイトマーケティング
・ネイティブ広告
・マーケティングオートメーション
・メールマーケティング
・オンラインPR

これらのスキルを持っていることの証明として、過去にこれらのスキルを使ってどのような仕事をしたのかなどの実績も一緒に提示できるようにするといいでしょう。目標として設定したKGIやKPIに対してコミットした内容も伝えると良いです。

最新のデジタルマーケティングの情報に精通していることも重要です。デジタルマーケティングの分野は、常に情報が移り変わる変化の激しい世界です。そのため、常に周囲の状況や世の中の流行などを吸収する姿勢がないと、デジタルマーケティングとして成功するのは難しいのが現実です。

また、デジタルマーケティングの副業案件の場合はChatworkやSlackやZoom等の最新のコミュニケーションツールを使いこなすスキルも重要です。基本的に、副業案件の場合はフルリモートで行うことになります。そのため、顔を合わせてのコミュニケーションをとることができず、対面で話している時以上にコミュニケーションスキルが必要になることがほとんどです。業務についての連絡、報告、共有をチャットなどを通じてマメに行うことが重要です。

エージェントに登録

デジタルマーケティングの副業案件を受注する方法として、一般的なものが「エージェント」です。

最近は、デジタルマーケティングの副業案件に特化したエージェントも登場しています。このようなエージェントに登録することで、副業案件のみを受注することも可能です。

企業に直接応募する

企業が直接、副業でデジタルマーケティングができる人材を募集していることもあります。最近では、「Yahoo!」も副業で働くことができる人材の募集を始めたことで話題になりました。
(※参照:Yahoo!Japan ギグパートナー募集:https://about.yahoo.co.jp/hr/gigpartner/

ただし、企業が自社のサイトで副業のデジタルマーケティングを募集するのは、一般的とはいえません。そのため、基本的にはエージェントを利用してデジタルマーケティングの副業案件を探すのがいいでしょう。

パラレルキャリアとは?マーケターのキャリアの築き方
「働き方や雇用形態の多様化を背景に、パラレルキャリアというひとつのキャリアにこだわらない働き方が注目を集めています。パラレルキャリアとはどのような働き方なのか気になっている方に向けて、メリットやパラレルキャリアを始めるときの注意点を解説します。」

デジタルマーケティングの副業案件の種類や報酬体系

デジタルマーケティングの副業案件には、どのようなものがあるのかわからない人も多いと思います。また、報酬体系も気になるところです。

そこで、以下ではデジタルマーケティングの副業案件と報酬体系について紹介していきます。

デジタルマーケティングの副業案件の種類

デジタルマーケティングの副業案件として募集が多いのは、下記のような職種になります。

・データドリブンマーケティング(データの解析やレポーティング等)
・広告出稿・運用(Google / Yahoo! / Facebook / 各種ADネットワーク等)
・MAツールの導入・運用
・SEO対策の戦略立案や運用
・コンテンツマーケティングの企画・実行
・セミナーやイベントの企画・施策実行
・サービスやプロダクトのブランディング、広報
・EC等のWebサービスのグロース
・SNSマーケティング

特に、最近では広告運用とSNSマーケティングの案件が多くなっています。

Web広告に関しては、2019年にテレビ広告よりも市場規模が大きくなったことが報告されました。(参照:ネット広告費初の2兆円超 テレビメディア広告費を上回る【電通 2019年 日本の広告費】 :https://markezine.jp/article/detail/33008

このようにWeb広告は、市場拡大のスピードが早く効果的にWeb広告を運用できる人材は、常に不足しています。そのため、Web広告の運用ができるマーケターの副業案件は、多く出ています。

また、SNSマーケティングに関しても若い層を中心にSNSの利用率が非常に高いことやSNSから流行が生まれることが多くなったため、近年需要が急拡大している分野です。

デジタルマーケティングの副業案件の報酬体系

デジタルマーケティングの副業案件は、基本的に業務委託です。ただ、報酬の支払い体系については、時給制と固定報酬制の2種類あります。

時給制

時給制の場合は、時給2,000円から10,000円程度の案件まであります。ただ、多くの案件では、時給5,000円が上限です。そのため、時給5,000円以上のデジタルマーケティングの副業案件は相当レアな案件と言えます。

また、時給制の副業案件の場合は副業であることが加味されて、平日の夜間や週末に稼働できるものが主です。

固定報酬制

固定報酬の副業案件では、週1日~3日の平日の日中稼働を条件に月に10万円以上もらうことができるものが多いです。中には、週3日の稼働で60万円/月の高単価の案件もあります。
(※上記記載の報酬は例です。案件やマーケターのスキルにより、報酬は大きく変動します。)

ただ、固定報酬の案件はフルリモートではなく、出社の必要がある案件も多いです。そのため、事前にフルリモートなのか出社の必要があるのかは確認しておくようにしましょう。

まとめ

デジタルマーケティングの副業案件は増加傾向にあります。そのため、デジタルマーケティングの知識やスキルを身に付けたいと考えているマーケターには、デジタルマーケティングの副業案件はとてもお薦めです。
もちろん、本業の他に副収入を得たいと考えているマーケターにも副業案件はお薦めです。

マーケターの未来の働き方を考える
「企業の副業解禁により、働く時間・場所が自由になりつつあります。マーケターも仕事の選択肢が広がっています。未来に備え、これからは希望する働き方、自分のスキルの棚卸しをしっかりすることが重要です。本記事では、現代に生きるマーケターが考えるべき「とらわれない働き方」を提案します。」


デジタルマーケティング領域のハイスキルワーカーをプロデュース
デジタルマーケティングにどう取り組むか、もっと取り組みたい、メンバーを拡充したい、などの課題をご相談ください

お薦めの記事