フリーランスマネジメントシステム(FMS)とは?概要、特徴、メリットなどについて解説

フリーランスマネジメントシステム(FMS)とは?概要、特徴、メリットなどについて解説

フリーランスと業務機会を持つ企業が増えてくるにつれ、フリーランス人材のマネジメントの必要性が生じています。フリーランスのタレントマネジメントに役立つのがフリーランスマネジメントシステム(FMS)です。企業がフリーランスや業務委託などのパートナーを採用から、評価や報酬の支払いまでの一連のプロセスを担うものです。
本稿では、フリーランスマネジメントシステムの概要、特徴、メリットなどについて解説します。

フリーランスマネジメントシステム(FMS)とは?

フリーランスマネジメントシステムは企業がフリーランスや業務委託の人材を採用した際に、報酬の支払いまでのプロセスを担うシステムです。採用、発注書の作成、契約書の作成・管理、請求者の作成・管理など細かい作業まで一括して支援してくれます。

フリーランスマネジメントシステムはフリーランス側も仕事を発注する企業側のどちらにもメリットがあり、安心して業務を遂行するうえ役に立ちます。本稿では、フリーランスマネジメントシステムがなぜ注目されているのか、特徴やメリット、フリーランスマネジメントシステムの種類や例を挙げながら詳しく紹介します。

なぜ今フリーランスマネジメントシステム(FMS)が普及しているのか?

フリーランスマネジメントシステムの普及は働き方改革とコロナウィルスの影響が大きく影響しています。

昨今の働き方改革により、リモートワークや副業が普及しつつありました。これに加え、コロナウィルスの影響で、上記の傾向に拍車がかかり、フリーランスや業務委託の人材を採用する機会が増加し、フリーランス人材の管理の効率化が求められるようになりました。

フリーランスマネジメントシステム(FMS)の特徴・メリット

フリーランスマネジメントシステムには次のような特徴があります。

1.事務手続きの効率化

フリーランスマネジメントシステムは、業務を遂行するうえで必要な事務手続きの効率化に役立ちます。例えば発注書の作成、契約書の作成、請求書の作成など様々な事務手続きがありますが、それら全ての業務の遂行をワンストップで管理できるという特徴があります。

また、一緒に仕事をした社員からの評価や過去の取引実績を可視化することで、フリーランスのスキルの可視化に役立ちます。

2.リスクの管理の効率化

フリーランスマネジメントシステムでは書面の交付義務があり、発注する際には必ず発注書を作成して重要事項を記載しなければなりません。また、支払いの期日を決めた請求書、書類の作成と保存の義務、支払いが遅れた場合の遅延利息を払わなければならず、発注する側と働く側もお互いにリスク管理ができます。リスク管理をすることで仕事上のトラブルが防げるので安心できます。

3.プロジェクトの管理の効率化

仕事を進める上では順序があり、しっかりと管理をしなければなりません。フリーランスマネジメントシステムは発注する企業と働くフリーランスの両方側からプロジェクトの状況の情報を共有して管理するのに役立ちます。

フリーランスマネジメントシステム(FMS)の種類

フリーランスマネジメントシステムにはいくつかの種類があります。

1つ目はバックオフィス業務やクリエイティブ系の業務、フリーランスの採用や管理、プロジェクトの管理、請求書の作成などの事務業務を丸ごと効率化してくれるフリーランス一括管理型です。

2つ目はベンダーマネージメントシステムと一緒になっているサービス(派遣労働者、フリーランサー、個人事業主などの供給企業を効率よく管理するシステム)と一緒になっており、フリーランスの採用を効率化してくれます。

3つ目はフリーランス側に向けて作られたシステムで、契約の交渉、請求書の作成などの事務手続きを全て効率化してくれます。サービスによっては社会保障システムも携わっているので、安心して仕事ができます。

フリーランスマネジメントシステム(FMS)の例

おすすめのフリーランスマネジメントシステムのツールを特徴を交えながら3つ紹介します。

ハーモスコア

ハーモスコアは従業員に関する情報の管理や人事・労務の担当者が行う低型業務、人事管理システムの効率化を支援するのに役立ちます。

従業員に関するさまざまな情報を一元管理し、従業員に関する情報をすぐに引き出すことが可能です。また、キーワードなど絞り込みを行うことで育成するべき人とパフォーマンスが高い人のリストの作成ができます。

レポートツールの導入を行っており、従業員の推移データを取得できます。入社した日と退職した日を入力することで、データ化されます。また、リマインド通知を設定することで、人事の業務を効率化できます。

ハーモスコアでは導入の設計から運用までサポートしてくれます。導入時に専任のサポート担当者がつき、従業員の管理や業務フローのヒアリングを行い、それに基づいた計画を設計してくれます。

pasture(パスチャー)

パスチャーは発注からタスク、請求書まで全て管理してくれるシステムです。パスチャーを導入している企業は数多くあり、大手企業の導入事例も数多くあります。

パスチャーの特徴は3つあり、1つ目は、企業の担当者の要望をヒアリングして、機能を改善することです。1週間に2回ほど機能のアップデートをしています。2つ目は企業がフリーランスと契約を結ぶ際に気をつけたい法律(増税、インボイス制、電子帳簿保存法など)に対応できるサービスの開発をしています。3つ目はSlackやチャットワーク、会計ソフトなどの外部システムとの連携がされており、各種データのcsv書き出しが可能です。

パスチャーは全ての業務がワンストップで行えるサービスです。デザイン制に優れており、契約、発注、請求管理業務、タレントマネジメント、チャットサポート、外部サービスの連携が全て一つの画面でできるので便利です。

タレントパレット

タレントパレットは科学的な人事戦略を実現する機能が搭載されています。

タレントパレットでは社員の顔写真がついたアイコンで顔と名前、経歴、適正、評価などの人材データがすぐに分かります。人材データは時系列で蓄積されており、入社と配属、活躍が一目で分かります。人材データベースは役職やスキルでの検索も可能です。

タレントパレットでは異動のシミュレーションが行えます。社員の人事異動、配属を画面上でシミュレーションできます。異動シミュレーションで人件費の変化や社内の人材の最適配置が分かります。

他にも人材育成・スキル管理や人材データの分析、組織診断、社員へのアンケート、eラーニング・研修管理、人事評価、適性検査、採用管理など様々な特徴があり、使いやすいサービスといえます。

業務委託のマーケティング人材もフリーランスマネジメントシステム(FMS)を活用して管理できる

フリーランスマネジメントシステムは業界委託のマーケティング人材を採用する上でも活用できます。サービスによってはマーケティングの営業代行、市場調査、SNSの販売促進の提案などのマーケティング業務の支援をしてくれることもあります。マーケティングの業務を支援してもらえることで、業務を委託されるフリーランスもプロジェクトに全力投球できます。

まとめ

フリーランスマネジメントシステムは発注する側の企業と仕事をするフリーランス側のどちらにとってもメリットが多いシステムです。事務手続きを全て効率化してくれるため、本来、集中するべき業務に専念することができるようになります。フリーランスマネジメントシステムのサービスは数多くあるため、ぜひ貴社に合ったものを選ぶようにしてください。

お薦めの記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です